• HOME
  • イベント
  • 2022年7・8月開催オンラインセミナー「自社に特化した実践的な学びを促進!『オリジナル映像コンテンツ』の研修活用と企画・開発の進め方」

イベントレポート

2022年7・8月開催オンラインセミナー「自社に特化した実践的な学びを促進!『オリジナル映像コンテンツ』の研修活用と企画・開発の進め方」 自社独自の教育映像を使った、実践的な学びの進化へ

  • b! はてぶ
2022.09.26
山﨑 俊樹 Toshiki Yamazaki
山﨑 俊樹サイコム・ブレインズ株式会社
ディレクター / シニアコンサルタント

テレワークや管理者の多忙化が、映像学習の促進につながっている

2022年7月と8月に、『自社に特化した実践的な学びを促進!「オリジナル映像コンテンツ」の研修活用と企画・開発の進め方』をテーマとしたオンラインセミナーを開催しました。

近年、顧客企業様から「自社のビジネス戦略や職種別のコンピテンシーにマッチした実践的な教育を展開したい」というご要望を多く頂きます。集合研修やeラーニングなど、ご要望をいただく育成手段は様々ですが、その中でも特に、映像学習の整備を重要視する企業様が増えてきています。

その背景には、コロナ渦をきっかけとしたテレワークの普及により、これまでのようなOJTによる育成が難しくなってきているという状況があります。他にも、激しい市場の変化の中、管理者が新たな戦略の考案やプレイヤーの兼任を余儀なくされ、指導時間の捻出が難しくなってきていることや、個人が自律的に学んでいく時代に入ったことなどが、要因として考えられるでしょう。

このような背景も鑑み、今回、社員教育に積極的に映像学習を取り入れることのメリットや、既に導入している顧客企業様がどのような開発の取り組みをされているかを皆さまに紹介し、今後の効果的な教育のヒントになればと考えました。それが、本セミナーを開催するきっかけとなっています。

気づきを促す仕組みに、映像学習を取り込んでいく

セミナーでは、冒頭、今日の社員教育のトレンドとして、集合研修やeラーニングなど単体で実施する従来型の研修から、アセスメント+eラーニング+集合研修…というように、複数のモジュールを一体化させ、より学習効果を高める研修へと変化してきていることをお伝えしました。次に、学習者の気づきを深め、内省と概念化を後押しする教育設計の重要性をお伝えしました。さらに、顧客企業様の実際の映像開発の事例をいくつか紹介し、企画、収録、編集、納品などの開発プロセスについても最後に触れさせていただきました。

終了後のアンケートでは「実際の映像サンプルを見せてもらい、イメージがしやすかった」「経験学習モデルなどの理論に基づいた体系的な説明でわかりやすかった」「動画を使用した研修の効果がデータで確認できた」「自社のコンテンツの効果の低さを認識した」「研修の中で実際に受講者に考えさせて気づきを与えるワークが役立つ」などのご意見、コメントをいただきました。今後自社で映像教材の開発を予定されている企業様に、何かしらのヒントをお持ち帰りいただけたかと思われます。

映像学習に頼り過ぎないこと。学習者と周囲とのコミュニケーションは不可欠

今後、映像を用いた学習はますます重要視され、加速する技術革新によって、より効果性の高い、臨場感ある学習体験が実現するでしょう。但し、自社内に映像学習を展開する際に、気をつけなければならないことがあります。それは「映像教材単体でも学習は完結しうるからこそ、単体での活用に頼り過ぎない」という点かと思います。「今は自律学習の時代だから計画的に自分で学びなさい」と、学習者に映像教材を手渡すだけでは、彼らの成長は危ぶまれます。映像による学習において不可欠となるのが、その映像から得られた内省、概念化を深めるための、第三者からの問いかけ・コミュニケーションです。映像単体の視聴で終わらせず、例えば、視聴後に、オンラインまたはオフラインでの集合研修や、ディスカッションの場を設計し、指導者は「何が収穫だったか」「課題は何か」などを学習者に問いかけ、助言を行い、学習者同士で議論させ合うことが必要です。

この先、映像やVR等を活用した社員教育が普及した未来においても、OJTの必要性、ニーズは完全には無くならないと考えています。OJTでしか提供できない効果を見極め、それらを維持あるいは発展させることを前提としながらも、映像やその他手法を組み合わせて、社員教育の効率・有効性を高めていくことが、重要になるでしょう。

オリジナル映像コンテンツの企画、運営についてもっと話を聞いてみたいと思われた方は、ぜひサイコム・ブレインズのコンサルタントにご相談ください。

  • 山﨑 俊樹 Toshiki Yamazaki

    山﨑 俊樹Toshiki Yamazakiサイコム・ブレインズ株式会社
    ディレクター
    / シニアコンサルタント

    千葉大学工学部卒業後、印刷関連メーカー企画宣伝部門にて勤務。1994年サイコム・ブレインズ入社。教育プランナーとして研修プログラム開発および講師を担い実績を挙げる。2008年より営業力強化グループの営業マネージャー。その後ジェネラルマネージャー、執行役員を歴任。東京都葛飾区出身。プライベートではプロレベルのジャズサックス奏者。都内のライブハウスやイベントなどで演奏している。自ら作曲も手掛けており、自己のバンドを率いて積極的に演奏活動を行っている。

本レポートに関するお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。担当:山﨑

電話でのお問い合わせ
03-5294-5576
メールでのお問い合わせ
hrd@cicombrains.com